読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホをg07+に変更...DSDS機デビュー

f:id:marine1231:20170429202112p:plain

色々ありましてメイン機のSH-02H+事業用(ほぼ受話専用)Xperia-Rayをg07+に集約することになりました。使い始め1週間程度のレビューとなります。

*2017/5/5感想を追記しています(赤字部分)

 

【背景】次の3点です、どれも致命的ではないんですが、積み重なってきたので。

  1. SH-02Hのアウトカメラがマクロ撮影しかできなくなった。写真機能は自分としては結構重要なのでこれは困りました。これがスマホ変更に踏み切った最大の理由です。
  2. Xperia系x2機種、iPhone6使用者としてはどうもシャープ製の使い勝手がしっくりこなかった。SH-02Hのハイレゾのソリの悪さもちょっとあり。
  3. 小さめとはいえ2台持ちはやっぱり面倒。充電も2台やらなきゃいけないし。DSDS機というSIM2枚挿しできる機種がぼちぼち出始めており、そいつらも考えたい。

 

【機種選定】

上記の通り、買い替えのモチベーションは決定打がなかっただけでぼちぼちあったので、カメラ故障せずとも物色はしていました。ただしDSDS機に限って探していたわけではないです。

で、何かの販促メールでDSDS機が¥19,800のところ¥2,000引き!みたいなのに釣られました。DAC買えばハイレゾも楽しめる〜みたいな説明もあり、それも判断材料の1つでした。ハイレゾ聞くときにネックになるのがデータ容量なのですが、現在出回っているDSDS機はSIM2枚挿しするとSDカードは使えなくなるものが殆どです。g07+もご多分にもれず。ストレージが32GBあるとのことで、まだそんなに楽曲入れていないのでこれぐらいあればしばらく行けるかなと判断しました。

ちなみにこのタイプのスマホ向けに、SIMスロットにSDカードを外出しできるかなり無理矢理な(=怪しげな)アダプターもあるようで、いよいよハイレゾで容量が逼迫してきたらコレ試してみます。

ちなみに比較機種ですがコレというのも特になく、あえて言うなら同じDSDS機でASUSとかZTE、HUAWEIから出ているまあまあ廉価なモデルたちになります。その中の決め手は上記ハイレゾの記述と値段、メーカーが某国以外(セキュリティに不安あり)であることとなります。VAIO Phone Aも「お!」っと思う値段ですがスペック的に若干見劣りがありましたので比較対象とまではいきませんでした。

 

【購入】

前述の割引はgooSimsellerというところからの購入で、gooのクーポン登録で¥2,000割引となります。ガラスフィルムとケースとDACも合わせて購入。地味に嬉しいのがDACの割引で、単体で買えば最安値でも¥7,000以上するものが、¥4,980でした。ZEAL Edgeというやつです。ガラスフィルムは買わなくてよかったかも。硬いので貼るのが難しい上に、ガラスじゃないフィルムは付属していますので。ケースはなんとも言えないですがiPhoneと違って数が少ないでしょうから、g07+専用を探すのは面倒だなと思って買いました。特に素晴らしいものでもないですが、値段も¥980なのでまあ許容範囲です。DACは比較したことがないのでなんとも言えませんが、一般のレビューも良いようですし良い買い物と言えそうです。

 

【印象】

<サイズ>

これまで比較的小型志向でしたので、g07+はデカい。しかしイマドキのスマホとしてはごく普通と思います。ズボンのポケットにもなんとか入ります。

<基本動作>

g07の動作に関する評価が散々なのが気になったものの、+がついてマシになってるんだろうなとドキドキしながらの購入でしたが、現時点では特に困っちゃうような不具合はありません。bluetoothテザリングをよく使っており、その接続でシャッキリしないことがままありますが、bluetoothのオンオフで概ね解決できています。

フリック入力の最下段が英字モードの時、下フリックが効きません。同じキーでも日本語モードではちゃんと下フリックできるのに不思議。具体的には0がフリック入力できないことが困るんですが(それ以外はあまり使わない文字、ていうか記号)、携帯モードもあるので連打で回避。設定の問題なのかバグなのかCoviaに問い合わせ中。

<アプリ>

PokemonGoとかその他2-3ゲームも入れていますが、今までの機種が小型でスペック控えめだっただけに動作は快適に感じます。ヘビーなゲームは難しいんじゃないかとのことですが、そういうのやったことないのでその点は評価ができません。

gooのアプリが入っていますが、消せます。ドコモは見習ってほしい。googleのアプリは消せないけどこれはandroidだから仕方ないか。

ストレージはアプリだと上記以外によく使うもの、あまり使わないものに加えハイレゾのアルバム2枚も入れて16GB程度。ちょうど半分使っています。まだ余裕があって良かった。

<通話>

ハングアウトの電話は相手から音質悪いと言われました。こちらからは特に悪さは感じません。ま、会話が成り立つ程度で特に困ってないので良しとしましょう。

<使い勝手>

メニューのインターフェースにまだ慣れないです。自分としては画面が大型化しているので、片手操作がちょっとしんどい。アイコンをフォルダに入れた時にほぼ先頭のアプリしか見えないので、使い勝手が現時点ではイマイチ。他に何を入れたかもう少しわかるようにならないかなぁ。ちょっとだけ見えてるんですが、とっても中途半端な見え方です。そうは言ってもAndroidからAndroidへの変更なので、iPhoneに変えた時に比べれば全然問題なし。

<バッテリー>

ちょうど1日分という印象。良くも悪くもないですが、自分の中では大型化してるんだからもうちょっと持ってくれてもいいのになとは思います。

これまで持っていたスマホに比べると充電が早く感じます。Coviaのサイトでは2時間程度と書かれてありましたがそんな感じ。

<カメラ>

まだ使い込んでいないのでなんとも言えませんがさすがにiPhone/Xperia/Aquosのサクッと撮っても感じられた素晴らしさはないです。

<質感>

値段の割にはいいです。iPhoneXperiaのような満足度はないですが値段も1/4ぐらいですし全く問題なし。

<SIM設定>

初期設定時、SIM管理のアプリが入っていて便利。普通に設定から入っても同じことができますが、この専用アプリの方が簡単です。キャリア選べばいいだけなので。ただし大差ないかもしれませんが認証タイプがキャリアの言い値の設定通りではなく、後で普通の設定画面から変更しておきました(『「PAPまたは「CHAP」』が本来の設定。このアプリだとどちらか一方の値の設定でした。)

ステータスバーが「3G」「4G」となっているのに若干違和感がありましたが、下記設定の通り、SIM2(IIJモバイル)でデータ通信を行いますので、SIM1は4Gである必要がありません...そう解釈しました。試しにSIM1をデータ通信にすると(自動的にSIM2はデータ通信オフになります)、ちゃんと「4G」「3G」の表示に変わります。

f:id:marine1231:20170429202123p:plain

 但し、この切り替え、切り替わるのですが4Gになかなかならない時があります。Bluetoothの設定といい、クセなのかバグなのか、完璧な感じではないですが、あれこれやっているうちに治りますのでまぁ許容範囲です。

 

<総合評価>

安いもの好きっていうのもありまして、満足度はまあまあです。

また気づきがあればupします。

古いスマホを通話専用で復活させてみたところ。。。Xperia-Ray(SO-03C)

f:id:marine1231:20170409201529p:plain

 

秀逸でした^^

marine1231.hatenablog.com

前回の記事で事業用に0simで待ち受け専用を用意したことを書きました。当時はそれでHangoutから発信を想定していたのでSO-02E(Xperia Z)/Android4.xを使っていました。

それでどうなったかというと。。。重い。メインのSH-02Hは比較的軽い方ですが、SO-02Eはやや重い(最近のに比べれば大して重くないですが)、常に2台持ちがちょっと面倒くさくなってきました。

で、前から気になっていた首記スマホ(私が最初に手にしたスマホです)復活案。90g→100gですから相当軽い、SH-02H(小):SO-02E(大)そのままの比率で、SO-03C(小):SH-02H(大)と言った感じ。ガラケーでも特別軽量タイプでなければこれに匹敵するものはそうそうありません。

ということで当面これで運用です。問題点もありますが対策もあるしあまりあるメリットのもとではほとんど気にならず。

【メリット】

  1. 抜群に軽い
  2. 古さと関係なく通話音質が良い
  3. バッテリーが1日10%ぐらいしか減らない=1週間充電必要なし
    (ただしあまりヘビーな使い方ではないです)

【デメリット】

  • Androidが2.x。メモリの貧弱さと相まって最近のアプリはほとんど入りません、Hangoutも入りません。
    <対策>
    待ち受け用電話として使っているのでアプリは問題なし。通信と関係ない電卓とかボイスレコーダーは入れています。HangoutはSIMの電話番号を読み込んで通知しているわけではなく、設定した電話番号の通知機能があるだけなので、発信はメインのSH-02HからHangoutで発信。
  • 上記が理由でカスペルスキー入らず
    <対策>
    フリーのアンチウィルスで対策、ただし基本はデータ通信しないので問題ないはず
  • 自宅でWifiモードにするとGoogle開発者サービスが勝手に導入されてしまい、あっという間にメモリを圧迫
    <対策>
    滅多にWifiにしない。アプリがないので問題ないはず。最新化しないといけないのはフリーのアンチウィルスくらい。Google開発者サービス入っちゃったらメモリ圧迫のメッセージが出るので都度消す。

こういう使い方もある、といことで。ご参考まで。

 

 

IP電話ではない、普通の携帯電話番号を経済的に維持する方法

タイトルの考えをお持ちの方、たくさんおられると思います。

私は仕事用はIP電話を使っていたのですが、データ通信ベースなので電話を逃すことが多い。取れた!と思っても切れちゃったり。

で何より仕事に050ってどうなんだろうという思いもありました。

 

ということで私がタイトルの状況を実現した条件ですが

スマホ

前に使っていたやつを復活させる(のでタダ、ただし安いSIMフリー機を買うのもちょっと考えた、1万円そこそこだし)

要するにメインのスマホは既に持っていて仕事用にもう1台用意しています。

 

SIMカード

0simを利用。音声通話付きなので月額は0円ではなく700円。データ通信は500MB以内ならタダ(700円で済む)。メインのスマホがあるのでこちらでデータ通信は原則なし(送話時を除く)。

 

スマホの状態】

で、ここからが工夫なのですが:

携帯電話はデータ通信なくても受けれますので通常はデータ通信を切っています。知らないうちに変なデータ通信やられたら嫌なので。

そうはいってもネットサーフィンしたくなることもあり(メイン機の電池が少ないとか)、メイン機でBluetoothテザリングをONにして、純粋なデータ通信したい時は、メイン機のデータをBluetooth経由で使っています。ブラウザとかメールとかSNS程度であればBluetoothで充分です。消費電力は本当にWifiテザリングに比べて少ないですね。

で、電話の発信の方ですが、そのまま使っちゃうと高くなる。そこでGoogle Hangoutの活躍です。私が知る限り不特定多数相手の通話料金はHangoutがトップクラスですので。

この時はデータ通信しますので、データ通信をオンにします。ずっとオンにしていて月に500MBいっちゃうかどうかは試していないのでわかりません。Hangoutの通知番号をその電話の番号にしておけば相手にはHangoutからかかってきたとはわかりません。私がテストしてみたところでは国際電話の+81なんてのは付かず、普通の携帯番号が受け側に表示されました。この点もこの構成に踏み切った大きなポイント。相手の立場に立つと国際電話からかかってきたらちょっと引きますよね^_^。

Hangoutで電話かけるときだけデータ通信オンにするなんていうプラグインないもんですかね^^

ということでくどくど書きましたが、音声通話0sim+Hangout(+ちょっとした工夫)で700円で済ませている、というお話でした。

これより安そうな維持方法があればいいですけど、どうでしょうか。

定期的にネット検索してみます。

SH-02Hで使用しているEvernoteの使い勝手...続報

AndroidなのかEvernoteなのか、幾度か更新がありましたが、前回の感想通り、写真によるメモ機能は不満が解消されません。たまにちょっとマシになったりもしましたが1月中旬現在はイマイチです。

急いでいる時はCamScannerで撮ってEvernoteに共有していますが、これだと既存文書に追加がやりにくいor手間がかかります。

折しもOneNoteがじわじわきてますので乗り換え、少なくとも並行しての評価は必要な気がしてきました。

料金体系の問題もあり、機能・安定度の面だけでももうちょっと頑張ってほしい。

Evernote Businessもちょっと考えていただけにこの不満の長期化はイマイチです。

e-onkyo...もうひと踏ん張り→スマホのせいでした

首記タイトルで夏頃に投稿した内容ですが↓

marine1231.hatenablog.com

先日、スマホ上にAndroidのバージョンアップ通知が出ていたので(5.?→6.0)適用してみたのですが、おそらくその影響でスマホの標準音楽再生ソフト(ミュージックって言うなんともフツーな名前)で再生できる様になりました。

とりあえずe-onkyo無罪って感じです^^

しかし!問題はまだ残っていて、気づいたのは上記投稿で(当時)仕方ないから買ったNeutronと言う音楽再生ソフトが逆に使えなくなってしまいました。

聞けるからいいんですけど、Neutronはお金出して買ったからなー...

Android 6.0対応してないのかなー

スマホだけからGoogleアカウントを削除する方法

家族のGoogleアカウントから特定メールの転送をする必要があり、しかもちょっと急いでいたので通勤途上の電車の中で、スマホで対応をしました。

結局、スマホGmailでは対応できず、帰宅してからパソコンで設定したのですが、その家族Googleアカウントが私のスマホに残ってしまいました。

スマホでの設定を断念した時に、スマホからアカウント削除を試みたのですが、どうもその際に出るメッセージが脅迫めいていて^_^「これやったら全部消えるぞ」みたいな内容でその時は怖くてできませんでした、家族が使ってるアカウントですから、スマホ以外のところから消えると困りますので。

で、今日改めて落ち着いてやってみたら...見事アカウントが全て抹消!!...メッセージは正しかった...

ので長くなりましたが復旧とスマホだけからのアカウント削除についてまとめます。

=なんとか元通りにできました

【復旧】

めちゃめちゃ焦りましたが、「google アカウント 復旧」で検索すればgoogleのアカウント復旧サイト(パスワードアシスタンス)にすぐにご案内いただけます。

メールアドレスとパスワードとにょろにょろした画像の文字を入れれば復旧できます。

Thank you, Google!

 

スマホだけからGoogleアカウントを削除】

さて仕切り直し。

どうもGoogleのヘルプは分かりにくく、スマホのアカウント設定で処理します的なことしか書いていないか、ミスリードを招く(招かれた...)ような記載しか見つけられなかったです。

なのでGoogleのヘルプじゃない一般のネット情報を参考にしました。

以下、当方のスマホSH-02Hでの事例です。

1.「設定」から『アカウント』をタップ

f:id:marine1231:20160924112050p:plain

 

2.アカウントの中から『Google』をタップ(今回はGoogleアカウントなので)

f:id:marine1231:20160924112244p:plain

 

3.『アカウント』から削除したいアカウントを選択する

→一番下の『アカウント設定』に進んでしまうと悲劇が起こる

f:id:marine1231:20160924112959p:plain

 

4.右上の'.’の縦3つを押すと下に『アカウントを削除』が出るのでそれをタップ

→無事終了

f:id:marine1231:20160924113332p:plain

 

【感想】

無理せずアカウント残しても良かったのですが、ハングアウトを家族アカウントに送ると自分のスマホにも出てしまう(自分で送った内容が自分に返ってくる)のが鬱陶しく頑張って削除してみました。

対処しないとハングアウトだけでなくメールの通知も2アカウント分になるしスマホのストレージ容量も圧迫するので消しておいて良かったですが、対応は慎重にしないといけませんね。

セキュリティや利便性の問題で、こういうケースが増えると思いますので、Googleなりスマホキャリアなりのもう少し分かりやすいガイドも欲しいものです。

エレコム Wifiルーター WRC-733FEBK-A セットアップ顛末

前回の記事でスマホのおまけにルーターが付いてきたと書きましたが

marine1231.hatenablog.com

 それがコレ

f:id:marine1231:20160918100603j:plain

 

そもそもオマケであるし、使ってるWifiルーターに不具合があるわけでもないので、差し迫って入れ替える必要もなかったのですが

  • 家族がネットラジオを定期的に聞いているのですが、それがたまにブツブツ切れる(というクレームを受けた)
  • Wifiルーターのせいじゃなく元の光回線の影響と思いますが、最近かなりネットが遅い
  • 使っているWifiルーターはあまり強力なタイプではないので、中継機を追加できれば通信環境が改善できるかもと常々思っていた
  • 11ac対応のチャンス
  • これまでの無線LANの設定に対し、カスペルスキー君が満足してくれず「セキュリティー問題ありよー」というメッセージを定期的にいただいていたが、それをいつか解消せねばと薄々考えていた。WPA2にしてないだか、AESにしてないだかのせいだと思います、何かの端末が対応していなかったか設定が面倒なために最高レベルにあえてしてなかったように思います。

ということでシルバーウィーク初日にセットアップを決意。

 

どうせ変えるなら11acを使いたいので、オマケの方をメイン(親機)にして、使ってた方を中継機でチャレンジします。

しかし、こういうとこに書くってことは程よく苦労したということで^^

 

Wifiルーターって、裏面にSSIDとKeyが書いてるものが多いと思いますが(今まで使ってきたのもソレ)その場合は最初の暗号化設定みたいなのをやればそれで終わりのはずです。しかし、今回のヤツはSSIDがなく自分で設定するバージョン、かつネット情報によると設定が面倒云々の情報がチラホラ...

ということもあり怪しげな専用ソフトは入れず(ていうか、こういう最初にセットしたら以後ほとんど使わないようなものは専用ソフト入れずに済むなら入れるべきじゃないと思います)ブラウザ直で設定をします。

 

【経過】

まず、現在メイン機のMacに有線のアダプタ付けて、LANケーブル接続、でルーターとつなぎます。多分、この時点で普通のネットは使えなくなるはず/なので設定に際して参照したいネットのページとかあれば、先に開いておくかスマホとか別の機器で見る必要あり。余談ですが昨今のモバイルタイプPCはLANケーブル直差しできないのが嫌ですねぇ。薄さと引き換えなんでしょうけど。Macで使っている有線のアダプタはVAIO Pを購入した時についでに買ったものでしたので、そこそこ年代物です。

ブラウザのURLの欄に192.xxx.ほにゃららを入れると、フツーに設定画面が出ます(これで充分やん)。

で、フツーに設定を進めると、「5Ghz」と「2.4Ghz」に分かれて設定が進むことになります。当然11acをエンジョイしたいので「5Ghz」をセット←これがつまずき

SSIDとパスワード設定したのは初ですが、暗号化の設定なんかは今までと同じ、でスムーズに設定が完了。今まで使ってきたルーターのある場所に軽く配置してみて、Macで通信が確認できましたので、本格的に入れ替え。

本格的にと言っても配線と電源を取るだけなんですが、ちょっと高い場所にセットしているので、これがなかなかの重労働、しかしこれもなんとか終了。

次にスマホで確認、セットしたSSID出てくるので同じくセットしたパスワード入れたら簡単につながります。その次はヨメスマホiPhone6ですが、これも簡単に設定完了。

なーんだ、簡単じゃん、と思っていたらその次の無線接続のプリンターでつまづく(ここで結構時間を食う/パソコンと違って画面がないのでちっちゃい通知窓でのやりにくい操作のため)、これはちょっと痛い、よくパソコンから紙出すし...

とりあえず後回しにしてヨメ主力機のWin8.1 PCでもつまづく...これが痛い/クレームの根源機であるネットラジオを聞いているPC。

どちらも設定したSSIDが見えないので、見えてないだけかと思ってSSIDから登録してもダメ(冷静に考えれば当たり前、MacでもiPhoneでも見えてるんですから)。

で初期のセットアップを思い出し、そういえば2.4Ghzの設定してなかったかなと思ってそっちに戻る努力をしてみます。

一度セットアップしたルーターですから、接続できるMacからそのルーターのIP指定してセットすればいいのですが、どうも最初にセットしたIPアドレスは直接ケーブル差し込んだ時しか有効ではなさそう。で頑張って高いところにセットしたルーターにLANケーブルつないでMacとつなげても、例のセットアップ画面に切り替わらず!?

試行錯誤の結果、PCにセットアップ用のソフトを入れて解決。ルーターと有線で直接つなぐ必要もありません。設定のボタン押したら、当初設定画面と同じとこに行くんですが、IPアドレスが違う...もう少しIT知識の底上げしないといけませんねぇ。ここで2.4Ghzの設定、5Ghzと全く同じ内容にして保存し、ダメだったWin8.1PCとプリンターでSSIDが確認でき、軽く設定が終了です。 

通信技術がよくわかってないのですが、11ac対応のルーター使っていても接続する機器が11ac非対応なら繋がらないんじゃないかと思ったら、そこは心配する必要ない模様。単に11acにならないだけのようです。このことと2.4Ghz/5Ghzをごっちゃに考えていて、5Ghzをセットしとけば2.4Ghzセットしなくていいんじゃないと軽く考えたのが間違いでした。

 

【まとめ】

このルーターをセットするなら2.4Ghz/5Ghzとも最初に同じ内容でセットすべき。持ってる端末類が5Ghz対応かどうかなんてわからないですから。結果的には新し目の機器は5Ghz対応ですが、Macは2014 earlyモデルでWin8.1PCはそれより後に買ってますが、Macは5Ghz対応・Win8.1PCは非対応でしたから、一概に買った時期の問題でもない。もっと古いやつもあるのでこの記事を投稿した時点では両方の設定は必須だと思います。

 

【設定機器一覧】こうやってみると色々あるわ〜遺物のようなのも多いけど
⑤マークは5Ghz対応のようで、労せずセットアップできたやつです。Thinkpadが古いわりにセットできたのが謎。AccessConnectionというツールで設定したせいか、firmwareの更新のせいかはたまた勘違いで設定できていた気になっただけなのか不明。

<パソコン>

ASUSノート:2015年初期-Win8.1→Win10 Updateモデル

Acerノート:2014年央-Win8.1モデル

Mac Book Air:2014年 Early-現時点のOSX最新モデル

VAIO Type P:2010年央-Win7モデル

⑤Think Pad X200s:2008年末-WinXPモデル(VistaのDowngrade)

スマホタブレット

⑤SH-02H Android5.1.1

iPhone6 iOS現時点の最新

⑤XperiaZ Android 4.4.2

Xperia Ray Andoroid 2.3.4

SK-3GTab7 Android 4.2.2

子供のチャレンジタッチ おそらくAndroid

<プリンター>

Brother複合機

 

 【セットアップしてみて思った事】

 5Ghz/2.4Ghz同時登録モードとか、特に2.4Ghzは無難にやりたいならセットしとけよ的なマニュアルへの記載が欲しかった

熱い/大丈夫かな(今まで使っていたのは全然熱くならなかった)

ステルスにするかどうか悩みどころ、それはそれで問題あるそうなので多分しないが、よそ様から存在だけでも見られちゃうのはいい気がしない。ちょっと人通りの多いとこに住んでるので余計そう思う。

中継機にした今まで使ってたやつの設定は簡単なのですが、効果があるのかどうかがよくわからん。中継機使ってるよー・効果出てるよーといった指標何かないもんですかね。ちなみに中継機なしで使った時はちょっとスピードアップしてましたのでまぁよしとしましょう。スピードテストの数値を真に受けると概ね15-30%アップです。